南北首脳会談

先月27日に開催された南北首脳会談について国民の88%が「成果があった」と前向きに評価した。MBC(文化放送)がコリアリサーチセンターに依頼し、29、30日に全国の成人男女1023人を対象に実施した世論調査の結果、南北首脳会談の結果について「ある程度の成果があった」「大きな成果があった」など前向きに評価する回答が88.7%にのぼったことが分かった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000023-cnippou-kr

『南北首脳会談』のTwitterワードクラウド

※UserLocalテキストマイニングで分析

  • 「騙す」、「毒殺」、「拉致」といった穏やかではないワードが見受けられますね。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は、過去に実の兄である金 正男(キム・ジョンナム)を「VXガス」と呼ばれる毒で暗殺しています。自国民に対しても残虐な面を見せている世襲制の独裁者が朝鮮半島統一のために、平和と協調を目指して資本主義陣営のアメリカや韓国などと歩を同じくすることができるのか今後の動向に注目です。
  • 作家の百田尚樹さんのワードもありますが、彼は今回の南北首脳会談について以下のように発言しているようです。

百田尚樹 @hyakutanaoki
写真に映っている人物は明らかにニセモノやね。
密室での会談では、本物が出てくるのかもしれんが。

金正恩本人にしか見えませんが、もし影武者だったとしてらビックリですね(笑)
  • 日本にとっては朝鮮半島でのことなので蚊帳の外といった感はありますが過去のミサイル発射や拉致被害者への対応の例から楽観視していられる風潮でもないようですね。また、日本人拉致被害者返還について真摯な対応を未だ見せていないので今後の交渉材料として考えているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です